ディズニーおすすめホテル

【アンバサダーホテル】パームガーデンプール徹底解説&レポ

アンバサダーパームガーデンプールアイキャッチ
理系ママ
理系ママ
こんにちは!ディズニー大好きな2児のママです!

今年の夏は、アンバサダーホテルに2泊3日して、ホテルステイとパークを両方楽しみました♪

今まで、ミラコスタのプールは何度か利用したことがあるのですが、

アンバサダーホテルのプールの利用は初めてでした!

この記事では、

アンバサダーホテルのパームガーデンプール概要

実際のプール体験レポ&感想

をご紹介していきます!

パームガーデンプール概要

DSC_2878

パームガーデンプールは、アンバサダーホテルにある、宿泊者限定のプールです。

期間限定で、宿泊者以外の方も利用できるナイトプールのイベントが催されることもあります。(下記参照)

パームガーデン・プール“リゾート・サマー・ナイト”

幻想的なナイトプールの利用と「ハイピリオン・ラウンジ」またはプールサイドでのお食事がついたプランです。

ご宿泊されない方もご利用いただけます。

パームガーデンプールー公式
                     引用・出典元:ディズニーリゾート公式HP

パームガーデンプール営業時間

パームガーデンプールの営業時間は、

8:00~18:00(最終受付17:30)です。

ナイトプール利用は、特別なプランでの予約が必要です。

 

パームガーデンプール営業期間

パームガーデンプ―ルパームガーデンプ―ル

アンバサダーホテルのパームガーデンプールは、屋外プールのみなので、営業は夏期のみになります。

2022年の営業期間

2022年7月15日(金)~9月4日(日)

 

パームガーデンプール利用料金

大人(12才以上)…¥2,000

 

4才~11才…¥1,000

 

3才以下…無料

1日あたりの利用料金です。ご利用当日であれば、再入場可能です。

スポンサーリンク

アンバサダーホテル『パームガーデンプール』体験レポ

理系ママ
理系ママ
では、実際のパームガーデンプールの様子をご紹介していきます♪

2泊3日の宿泊でしたが、子供たちの希望で、3日間毎日プールに行きました(笑)

 

プールはチェックイン前やチェックイン後でも利用できる!

パームガーデンプールはチェックイン前やチェックイン後も利用できます!

わが家は、チェックイン日の13時にアンバサダーホテルに到着し、

13時~15時までプールで過ごし、15時にチェックイン手続きを行い部屋に入りました。

2時間過ごすと、子どもたちも十分遊べた感じで満足していました。

 

カウンターで人数分のバスタオルをもらえる。

バスタオル入場の際、人数分のタオルをカウンターで受け取り入場します。

客室からプールに行く場合も、カウンターでタオルをもらえるので、

お部屋からタオルを持っていく必要はありません。

希望すれば、ホテルの紙袋ももらえます。(大・小を選択可能)

理系ママ
理系ママ
大きい紙袋が、バスタオルを入れるのにちょうどいい大きさだったので、わが家は毎日大きい紙袋をカウンターでもらい、バスタオルなどを入れてプールサイドのパラソルに置いていました。
バスタオルは、プールサイドのキャストに言えば、交換もしてもらえます。

更衣室はせまく、ロッカーは少ない!

更衣室は狭く、ロッカー数は少ないです…。

パームガーデンプール更衣室パームガーデンプール更衣室
パウダールームパウダールーム

混雑する時間帯(下記で解説)には、更衣室もかなり混みあいます。

また、ロッカーも少ないため、ロッカーの空き待ちのためにカウンターで待たされることもあります。

チェックイン日にプールを利用した際、ロッカーの空き待ちで少し待ちました。

貴重品などがなく、プールサイドのパラソルに置いておいても心配ない荷物の場合は、ロッカーを利用しないという手もあります。

(2日目・3日目はロッカーを利用しなくて済むように、部屋から水着を着て行き、貴重品も持たずに行きました。)

パームガーデンプ―ルシャワー室パームガーデンプ―ルシャワー室

 

スポンサーリンク

人数分のミネラルウォーターがもらえる

入場後、プールサイドバーの『パームガーデン・バー(下記で解説)』

に立ち寄ると、人数分のミネラルウォーターを無料で受け取ることができます。

客室についていたミネラルウォーターと同じものでした!

ミネラルウォーター客室のミネラルウォーターと同じものが無料でもらえます。

 

『パームガーデンバー』では、アルコールやスナック販売あり

パームガーデンプールのプールサイドバー『パームガーデンバー』では、ドリンク(アルコールもあり)やスナックの販売もあります。

支払いは部屋づけも可能です
パームガーデンバーのメニューパームガーデンバーのメニュー

旦那が注文した白ワイン▽

白ワインパームガーデンバーの白ワイン

 

プールサイドには、パラソル&ビーチベッド&テーブルあり

プールサイドには、パラソル・ビーチベッド・テーブルがあります。

パラソルとビーチベッドパラソルとビーチベッド

 

スポンサーリンク

プールは子供用プールと水深1.1メートルプールの2種類あり

パームガーデンプールには、水深70cm程度の大きな子供用プールが手前に、奥に水深1.1mのプールがあります。

 

水深1.1メートルのプールは、競泳用プールの1.5レーンくらいの感じです。

混雑していない時間帯なら、結構泳げます。

プールの横幅が泳ぎの練習を始めたばかりの子どもにちょうどよく、

わが家の子どもたちは、今まで泳げなかったのですが、

このプールで3日間練習して泳げるようになりました(笑)

パームガーデンプールでは、浮き輪の使用は禁止されていますが、

プールサイドのキャストに言えば、ヘルパーを借りることができるので、

足がつかないお子様は、安全のため、ヘルパーの使用をおすすめします。

プールの利用は午前中の空いている時間がオススメ

わが家がプールを利用した時間帯は、

初日…13時~16時

2日目…8時半〜10時半

3日目…8時半〜10時半

だったんですが、

初日の13時~15時の時間帯はとても混雑していました!

(チェックイン前にプールを利用するゲストが多いためだと予想されます。)

まず入場の際に、

ロッカーの空きを待つためにカウンターで少し待ち、

入場後も、プールサイドのパラソルの空きがほとんどなく、

更衣室やプールも混んでいました。

(本当に混むと入場制限されると思うので、

泳げないほどの混雑ではありません。)

一方、

15時以降や、朝の8時半から9時半のプールはとても空いていました!

(15時になると、チェックインできるため、

プールの混雑が緩和されたと予想されます。)

朝は、8時半〜9時半はかなりガラガラでしたが、

2日間とも9時半過ぎると徐々に混雑してきました。

10時半になると、結構混雑を感じたので、

2日とも10時半にプールをあがりました。

パームガーデンプール8時台のパームガーデンプール
朝のパームガーデンプール8時台のパームガーデンプール

空いてるプールはとっても気持ちよかったので、

朝イチのプール利用がかなりオススメです!

(朝は水温がちょっと低めですが…(^▽^;))

スポンサーリンク



パームガーデンプールを利用しての感想

高級感や清潔感はミラコスタのプールの方が上

ミラコスタのプールを何回か利用した経験から、アンバサダーホテルのパームガーデンプールの印象を述べると、

やはりミラコスタのプール『テルメ・ヴェネツィア』の方が、

清潔感・高級感ともに上だな、と思いました。

(その分お値段も高いのですが…(^▽^;))

ミラコスタのプールは、プールサイドの清掃が行き届いていましたが、

アンバサダーホテルのパームガーデンプールのプールサイドは、

もうすこし綺麗だったらな…という印象でした。

プールサイドへのビーチサンダルの持ち込みは、

禁止されていないようでしたので、

素足が気持ち悪い方は、サンダルでの入場をおすすめします。

 

屋外プールのみなので、体が冷えた

アンバサダーホテルのパームガーデンプールは、屋外プールのみで、ジャグジーなどもないので、2時間ほど入ると体が冷えてきてしまいました。

ミラコスタのテルメ・ヴェネツィアは、

水温が屋外プールよりも高めの屋内プールゾーンや、ジャグジーもあったので、

冷えを感じたらすぐにジャグジーに入れたため、

体が冷えることはありませんでした。

\ミラコスタの施設詳細はこちらからご覧になれます/

比較的リーズナブルな価格で楽しめて、子連れにちょうどいいプール

ミラコスタのテルメ・ヴェネツィアと比較すると、

パームガーデンプールはテルメ・ヴェネツィアに劣る印象ではありますが、

そもそも入場料が、

アンバサダーホテルのパームガーデンプールの方がテルメ・ヴェネツィアの入場料よりもかなり安いので、劣るのは当たり前かなと思います。

以上を踏まえると、

大人2000円・子供1000円で一日中出入り自由で利用可能なパームガーデンプールは、

リーズナブルな値段でリゾート気分を味わえる、子連れには手ごろなプールではないかと思います!

理系ママ
理系ママ
実際、わが家の子どもたちは、パームガーデンプールをとても気に入り、毎日プールで泳ぎ、とても楽しかったと言っています♪

朝イチのプール、とてもおすすめです♪

関連記事