子連れディズニー攻略

【トムソーヤ島の楽しみ方】楽しい仕掛けがいっぱい!地図を片手に冒険へGO!

トムソーヤ島いかだアイキャッチ

ディズニーランドの中に、『トムソーヤ島』という島があるの、ご存知ですか!?

わたしは、学生~独身のときにパークに行ってたころ、最初その存在を全く知りませんでした(笑)!

ある日、ディズニー大好きなお友達に初めて連れてってもらってびっくり!

理系ママ
理系ママ
こんな楽しくてワクワクする島がディズニーランドの中にあったなんてー!!!!

島にはいかだで向かい、かっこいい地図ももらえます^^

わが家の子どもたちもトムソーヤ島大好きです!

この記事では、そんなトムソーヤ島の魅力をたっぷりお伝えできればと思います♪

アトラクション『トムソーヤ島いかだ』の乗り場・待ち時間は?

トムソーヤ島いかだの乗り場の場所

引用元:東京ディズニーランド公式HP

 

トムソーヤ島いかだの乗り場は、蒸気船マークトウェイン号の乗り場の左側にあります!マークトウェイン号の乗り場からウッドチャック方向に向かっていくと右手側に乗り場があります。

「トムソーヤ島いかだ」は、小説『トム・ソーヤの冒険』の作者マーク・トウェインの少年時代、ミシシッピ川で旅行者や貨物を運んでいたいかだをモデルにデザインされているそうです(参照:東京ディズニーリゾート公式ブログ)。

なので、「トムソーヤ島いかだ」と「マーク・トウェイン号」のアトラクションは隣合っているんですね♪

 

待ち時間はどのくらい?

定員1隻55名(現在は密にならないように乗車人数は減らしていると思います。)と回転が良く、混雑日でも、トムソーヤ島いかだが混雑しているのは、見たことはありません。

少し並んでいて、到着したいかだに乗れなかったとしても、5分程度待てば、次のいかだが到着します。

乗り場には、トムソーヤ島のかっこいい地図が置いてあるので、並んでいる間に、子ども達の分も、人数分もらっておきましょう!(かっこいい地図なので、手にするだけでテンション上がります^^)

出典元:東京ディズニーリゾート公式ブログ

 

トムソーヤ島地図

いかだが到着したら、キャストさんの誘導にしたがって、いかだに乗っていきます。いかだにはロープでできたネットの柵が出来ています。

 

ゆっくり眺めを見ながらいかだでトムソーヤ島へ

出発〜トムソーヤ島船着き場までは1分30秒~3分。

いかだのスピードはゆっくりです。移動中は風を感じながら、アメリカ河の景色を楽しみましょう♪

子どもは背が低いため、真ん中の方に乗車してしまうと、周りの景色が見えにくくなってしまうで、ロープの柵に沿った場所に乗車することをおすすめします。

トムソーヤいかだに乗る子供たち

いかだからは、ビッグサンダーマウンテンが見えたり、アメリカ河を行きかうカヌーや蒸気船マークトウェイン号も間近でみれます♪

蒸気船マークトウェイン号

ベビーカーでいかだに乗車できる?

ベビーカーはいかだには乗車できません。

乗車前に、キャストさんにベビーカーの置き場所を聞いて、置いてから並びましょう。

 

スポンサーリンク



トムソーヤ島冒険のおすすめスポット

トムソーヤ島には、たくさんの冒険スポットがあります!

どのスポットもとても楽しいですよ♪

わが家の子どもたちが大好きなスポットを紹介していきます!

インジャンジョーの洞窟

インジャンジョーの洞窟

入口から入って出口に向かって暗い道を歩いて冒険できる洞窟です。

洞窟の中は、宝石のようなものがきれいな色で輝いていたりして、神秘的です!

入口にいるキャストさんに『○○を探してみてね』と言われたりすることもありました^^

▽ディズニーリゾート公式ホームページでの紹介文ではこのように紹介されていました^^

ランタンの光を頼りに暗い洞窟を進んだ先で壁に光をあてると、虹色に見える地層や“秘密の財宝の隠し場所”が見つかるんです!
十字のマークが描かれた壁の下に、穴を隠すように小さな岩が積み上げられています。岩の間から宝物が見えるかも♪

引用・出典元:東京ディズニーリゾート公式HP

 

キャッスルロック

 

キャッスルロック

岩山です。結構高いです。

子供って登るの大好きですよね(笑)

山を見たとたん、大喜びで登っていくので、親は追いかけるのがかなり大変です(^▽^;)

 

つり橋

出典元:東京ディズニーリゾート公式ブログ

 

大人もウキウキする吊り橋!

吊り橋って子供のころから憧れてたけど、実際に渡れる機会ってあまりないですよね!?

わたしは、小学校のときに国語で『つりばしわたれ』っていうお話習ってから、ずっと吊り橋渡ってみたいと強く思っていました(笑)

▽こちらのお話集には、『つりばしわたれ』が入っているそうです!なつかしい(笑)!
小学生でも深い谷に吊り橋がかかっている情景が想像ができ、吊り橋を渡る『スリル・恐怖感』がとてもリアルに感じられるお話でした!

トムソーヤ島の吊り橋は、大人にはそこまでスリルはないですが、

小さな子どもたちは、つり橋の揺れや、地面からの高さに、大人が感じるよりも何倍ものスリルを感じると思います^^

トムソーヤ島内の人気スポットです^^

 

たる橋

たる橋は、トムソーヤ島内で、つり橋と同じくらい人気スポットです!

水上に浮かぶ樽の上に板が貼られて橋になっており、歩くと橋がボッコンボッコン動きます。

橋の上に複数の人がいると、より激しく揺れるような気がします。子どもたちは毎回キャーキャー言いながら渡っています。

つり橋よりも揺れが大きく、大人でも結構楽しいです(笑)。

 

たる橋-1 たる橋-2

 

スポンサーリンク



インディアン・キャンプ

インディアンキャンプテント
インディアンキャンプ-公式

出典元:東京ディズニーリゾート公式ブログ

トムソーヤ島の一角には、インディアンの集落のような場所もあります♪

可愛い柄のテントがたくさん!

実際に入ることもできるので、ちびっこ達はテンション上がるのではないでしょうか^^

 

ハーパーの粉ひき小屋

粉ひき小屋の水車

こちらは、水車のある粉ひき小屋!

粉ひき小屋の中も入ることができ、水車の回転が歯車につたわって粉を引く仕掛けも見ることができます!

とても勉強になるので、社会科見学みたいな気分になります(笑)

 

スポンサーリンク



どくろ岩

どくろ岩公式

出典元:東京ディズニーリゾートブログ

ピーターパンにも出てくるどくろ岩!

どくろ岩からは、ミストが出るので、こちらもちびっこ達は喜ぶと思います^^

実際、わが家の子どもたちも大喜びでミストを何度もくぐっていました(笑)

ミストをくぐる娘ミストをくぐる娘

 

トムソーヤのツリーハウス

出典元:東京ディズニーリゾート公式HP

こちらは、男の子の憧れ、ツリーハウス!!!

細い階段を上へ上へとのぼっていくと、ツリーハウスにたどり着きます!

階段はとても細いので一方通行です。

ツリーハウス入口やっほー!!
ツリーハウス下り階段ツリーハウス下り階段
ツリーハウス出口

こんな素敵な秘密基地があったらワクワクしますね^^

 

サムクレメンズ砦

こちらは『動物や盗賊、敵からの襲撃を防ぐために作られた、高い柵で囲まれた砦』と紹介されている、トムソーヤ島にある砦。

出典元:東京ディズニーリゾート公式ブログ

 

 

こちらの砦には、お手洗いや、自動販売機があるので、休憩広場のように利用できます。

以前は、『キャンティーン』という小さな売店もあり、アイスなども購入できたのですが、

現在は閉店となり、その跡地が自動販売機になっているようです。

 

▽冒険で汗をかいたあとに『キャンティーン』で購入したミッキーアイスを食べた子どもたち(2018年)

キャンティーンのアイスキャンディ

 

スポンサーリンク



トムソーヤ島内のトイレはどこにある?

トムソーヤ島内のトイレは2カ所です。

開拓者の船着き場

サムクレメンズ砦

わたしは、子供たちに、島に着いたときに船着き場のトイレに行くか一度聞き、サムクレメンズ砦の休憩のときにも聞き、さらに帰りにまた船着き場でまた一応聞いています(笑)。

 

子どもが大喜びのトムソーヤ島は、季節が感じられ、大人も童心に戻れる素敵なスポットです。

トムソーヤ島は、島内のどのスポットも、わくわくする作りになっていて、子どもにはたまらないスポットになっていると思います^^

混雑日でも、島内ではゆったりのびのびと過ごすことができるので、アトラクション待ちで並び疲れた子どもたちが体を動かしてリフレッシュするのに絶好の場所です。

わが家は、アトラクションが混んでいる昼過ぎによくトムソーヤ島で過ごしています。昼過ぎは、日差しがポカポカしていて、気持ちよく島内を散策することができます。

午前中、パークが比較的空いていて体力もまだたくさんある午前中の時間帯は、アトラクションを回る方を優先した方がいいと思います^^

島内には小さな小川が流れていて歩いていると小川のせせらぎが聞こえ、緑もたくさんあり、大人が散歩しても癒されます。

アメリカ河が見えるトムソーヤ島

つり橋やどくろ岩やツリーハウスがある散歩道、とても夢があり素敵ですよね♪

地図を片手に、いかだで島に向かう、という体験も毎回とてもわくわくします!

「こんな冒険や秘密基地に憧れてたな~」と、おとなも童心に返らせてくれるディズニーが大好きです^^