旅行記(ディズニー以外)

【キャメルホテルリゾートグランピング②】冬の設備や雨の日の様子・困ったことなど

キャメルホテルリゾートプレミアムグランピング2アイキャッチ

去年の9月に初めて旅行でいったキャメルホテルリゾート。

子どもたちが「また行きたい!」とずっと言っていたので、

先日春休みに2泊で行ってきました♪

しかし、

わたしたちがグランピングをした日はあいにくの雨で、結構肌寒い日でした(>_<)

こちらの記事では、

寒い時期のテント内設備の紹介(こたつ・ストーブなど)

今回のグランピングテント紹介(敷地・トイレなどについて)

雨の日の様子

雨の日をグランピングテントで過ごした感想

といった、

前回のキャメルホテルリゾートの記事では紹介していなかったことついてレポしていきたいと思います^^

 

前回のグランピングの記事をまだ読んでいない方は、こちらから読んでみてください^^

 

それでは、2度目キャメルホテルリゾートでのグランピングレポです♪

今回のプレミアムグランピングテントの立地と敷地の様子

今回のグランピングテントの立地と外観

今回のグランピングテントの場所はこちらの地図に記しました(参考に前回のテントの場所も記しています)▽

キャメルホテルリゾート地図キャメルホテルリゾート内地図

 

前回のグランピングテントと、結構離れていました。

実際のグランピングテントはこんな感じです!

 

プレミアムグランピングテント今回のプレミアムグランピングテント

となりにA, Cのテントがあるのですが、完全に柵でサイトが区切られているので、

プライバシーはきちんと確立されており、一度も両隣の人の顔を見ませんでした。

(声は結構聴こえます(笑))

A,B,Cの三つのテントが並んでいる柵のすぐ外にこんな空き地がありました。

花火用の敷地花火やプール用と思われる敷地

こちらのキャンプ場では、花火OKや夏のビニールプールがOKということなので、そのため敷地だと思います!

奥に見えるのは、トイレなんですが、作りかけのようで扉がついてませんでした(^▽^;)

スポンサーリンク



プレミアムグランピング テント内(冬の時期の設備など)

今回、わたしたちがこちらのグランピングテントを訪れたのは、3月末なのですが、かなり肌寒い時期でした。

設備など、冬と同様だと思いますので、

寒い時期のグランピングテント内がどんな感じなのか

ご紹介していきたいと思います!

グランピングテントに入ってみると、中はこんな感じでした!

グランピングテント内グランピングテント内-1

前回来た時にはなかった、こたつや石油ストーブや、電気カーペットといった暖房器具がありました!

グランピングテント内の暖房器具テント内の暖房器具

とてもおしゃれな石油ストーブ!

 

グランピングテント内の石油ストーブグランピングテント内の石油ストーブ

 

▽グランピングテント内にあったものと同じ石油ストーブです

TOYOTOMI RL-251-G ダークグリーン レインボーストーブ [対流形石油ストーブ (木造7畳/コンクリート9畳まで)]

ストーブについての注意事項が書かれた紙を、チェックイン時に渡されました。

石油ストーブ注意事項の紙チェックイン時に渡された石油ストーブ注意事項

一酸化炭素中毒防止のための警報機は、テントの中央の柱に取り付けてありました。

電気カーペットはこちら。

電気カーペットスイッチ電気カーペットスイッチ

 

配線類はこんなかんじです▽

グランピングテント内グランピングテント内

 

テント内配線テント内配線

 

暖房器具は以上で、あとの設備や備品などは、以前9月に宿泊したときとほぼ変わっていませんでした。

グランピングテント内-2グランピングテント内-2

上の写真は、靴置きですが、一番上の段に置かれているのは、ハンモックと雑巾です。

雑巾は以前はなかったような気がするので、追加された備品かもしれません。

雑巾靴置きに置かれていた雑巾

 

テーブルの上に置かれているものは、以前と変わっていませんでした。

テント内備品以前と同じ備品

 

 

夜のバーベキュー用の道具やカトラリーも、前回同様テーブルの上に置かれていました。

バーベキュー用使い捨てカトラリーバーベキュー用使い捨てカトラリー
バーベキュー用の道具など

こちらのインタントコーヒーは、前回は入ってなかったような気がするので、こちらは最近追加されたものかもしれません。

インスタントコーヒーインスタントコーヒー

 

テントの目の前の水道小屋に湯沸し器があったので、お湯をいれてコーヒーをいただくことができました^^

テント近くの水道小屋テント近くの水道小屋

 

水道小屋のなか水道のほかに、湯沸かし器と電子レンジがありました。

 

お湯は、いつもたくさんあったので、適宜キャンプ場の方が水を補給してわかしてくれているのだと思われます。

スポンサーリンク



今回のグランピングで大変だったこと① トイレが遠かった!

続いて、前回に比べて、今回のグランピングで大変だったことをお伝えしていきます!

まず1点目がトイレについてなんですが、

テントのすぐ近くにトイレの小屋があったんですが、そのトイレ、まだ作りかけだったみたいで、

なんと個室の扉がなかったんです!!!!(>_<)

敷地近くのトイレ宿泊したテント最寄りのトイレが作りかけだった…

 

上の写真の正面に写っているのは、男性用トイレの入り口で、女性用トイレの入り口は、

この建物裏側にありました。

息子は気にせずこちらのトイレを利用していましたが、

娘が利用するときは、わたしが入口付近に立つようにして、

自分自身は、少し離れた場所にある、お手洗いに出向いていました。

(2日目夜は大雨が降ったので大変でした…)

わたしが利用していた少し遠めなお手洗いは、こちら(黄色い矢印がトイレまでの道ですが上り坂です(^_^;))▽

トイレ地図テントからトイレまでの地図

 

わたしたちが訪れたのは、2022年3月末で、扉以外はほぼ完成しているようだったので、

現在はもう完成していると思うのですが、

不安でしたら、施設に問い合わせてからの予約をおすすめします!

 

先ほどの地図で紹介したトイレは、前回グランピングテントに宿泊したときに利用していたトイレでした!

トイレ&洗面所前回、使用していたトイレ(洗面台つき)

 

今回も、きちんと清掃がされていて、清潔なトイレでした^^

 

スポンサーリンク



今回のグランピングで大変だったこと② 2日目が大雨だった!!!

今回のグランピングで大変だったことの2つ目は、

二日目の夕方から翌朝にかけて、大雨が降ったことです(>_<)

大雨が降って大変だったことを具体的に挙げると、

トイレや、お風呂がある本館まで行くのが大変だった

夜のバーベキューが寒かった

洗濯物が乾かなかった

テント内が靴の水で濡れる&雨音がすごい

て感じです(>_<)

それぞれ解説していきます。

トイレや、お風呂がある本館までいくのが大変だった

雨で一番大変だと感じたことは、雨の中、トイレやお風呂(本館)まで歩かなければいけないことでした。

トイレは、テントによっては近いテントもあるかもしれませんが、わたしたちが宿泊したテントのトイレは前述のように遠く、お風呂がある本館も、歩きで7~8分かかる場所だったので、「雨でやだな…」と感じました(>_<)

夜のバーベキューが寒かった

雨で大変だったことの2点目は、夜のバーベキューがとても寒かったことです。

グランピングテント泊の場合、夕食は、基本、外でのバーベキューになるので、雨でも外でバーベキューを行うことになります。

バーベキュー小屋は、きちんと屋根がついており、カーテンもついているので、結構強い雨でも、雨の吹き込みはなかったのですが、とにかく寒かったです(>_<)

雨の夜は思った以上に寒かったので、

宿泊中の天候が不安な場合は、

少し厚手の上着や、ブランケットなどを用意していくことをお勧めします。

雨で湿気っているせいか、火起こしも、火がつきにくく、雨が降っていない日よりも時間がかかりました。

スポンサーリンク



洗濯物が乾かなかった

キャメルホテルリゾートのプレミアムグランピングのキャンプ場には、無料で使える洗濯機が設置されているので、今回2泊したため、2日目に洗濯機を利用してみたのですが、

運悪く夕方から雨で、洗濯物が全く乾かず、翌日乾かなかった洗濯物を持ち帰り、もう一度乾かすことに…(;_;)

理系ママ
理系ママ
せっかく洗濯したのに、悲しかったです…

スポンサーリンク



 

テント内が靴についた雨水で濡れる&雨音がすごい

テントの外に靴を出しておくと、ビショ濡れになってしまうので、脱いだ靴はテントの中に毎回入れなければいけないのですが、

結構な頻度なのでめんどくさいし、急いで入れると、雨水がテント内にとびちったりして、結構嫌だなと感じました(-_-;)

トイレ行くたびに靴を出し入れしなければならず、子連れの場合は自分のトイレだけでなく、子供のトイレにも付きそわなきゃいけないので、靴の出し入れの頻度が結構多くて面倒でした (^_^;)

 

▽テント内には、靴を入れるトレーが人数分あります。

靴入れ靴を入れる人数分のトレー

 

 

スポンサーリンク



以上が、雨&寒くて大変だったことになります!

雨が降っても意外と大丈夫だったこと

続いて、雨でも意外と平気だった!と感じたことについてお話します。

想像していたより、雨でも平気だと感じたのは、

テント内の湿気や浸水

敷地内の歩きやすさ

雨音

でした!

大雨でも、テント内が浸水したり、雨がふきこんだりすることはなかった

まず、1点目の、テント内の湿気や浸水ですが、

外が大雨でも

テント内では湿気は気にならないレベルで、浸水なども全くなく、不快に感じることはありませんでした!

ビニール製のテントで、入口はファスナーなので、大雨だと浸水しないか心配だったのですが、

有料の宿泊施設だけあり、さすがにそこのところは大丈夫で、

テントは、防水がしっかりされていて、入口付近も雨が吹き込んだりはありませんでした!

寝具が湿気でびしょびしょにならないかも心配だったのですが、

一晩中大雨が降っていてもそのようなことはなく、大丈夫でした!

雨でも、敷地内は通り道が舗装されていて、歩きにくさは感じなかった。

続いて、雨が降った時の敷地内の状態ですが、キャンプ場みたいなところで、雨が降ったら、ドロドロになるのでは…と思いましたが、

そこのところもきちんとされていて、

テントから出ると、通り道には、木で道が作られており、一段高くなっているので、靴が水浸しになるようなことはありませんでした。

敷地内の木の小道-1敷地内の木の小道-1

 

敷地内の木の道-2敷地内の木の小道-2

 

敷地内バーベキュー場一段高くなっている敷地内のバーベキュースペース

 

敷地外でも、ぬかるみが気になった場所はありませんでした。

スポンサーリンク



 

雨音は大きかったが不快ではなかった

最後、雨の音についてですが、

これは個人的な感じ方になってしまうのですが、

寝る時間帯の雨がひどく、テントに雨が打ち付ける音もすごかったのですが、

わたしと子供たちは、雨音を意外と不快には感じず、

娘はむしろ「雨の音が心地よくてよく眠れそう」と言っていました(笑)

自然の音だから心地がいいのかな(笑)

でも、個人によって感じ方は違うと思うので、心配な方は耳栓を持参してください(笑)。(深夜の、隣のテントの人の話し声は、結構気になるので、耳栓はあった方がいいと思います)

グランピングテントで、雨&寒い日を過ごした感想

理系ママ
理系ママ
やっぱりキャンプは晴れに越したことないですよね~

キャンプに限らずどんな旅行も晴れがいいですね…

でも、『雨のテントとか最悪だろうな』と思っていましたが、

雨が降っているときにテントで過ごすこと自体は、そんなに苦ではなかったです!

振り返ってみると、

バーベキューのときの寒さや、トイレやお風呂移動時の億劫さが大変だった点だったので、滞在日の天候が悪そうだったら、

あらかじめ雨具や防寒具の準備をもうちょっとしっかりしておけば、快適に過ごせた気がします!

キャメルホテルリゾートに関する記事は、まだ書く予定なので、気になる方はブックマークをお願いします^^

▽キャメルホテルリゾートの空室状況確認&プラン比較はこちらからできます

キャメルホテルリゾート関連記事はこちら▽