習い事&資格取得(ママ)

【レポ&感想】ディズニー・オン・クラシック『夢とまほうの贈りもの2023』を見てきました♪

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2023年6月公演のディズニーオンクラシック「夢とまほうの贈り物2023」のレポ&感想をアップしたいと思います✨

\ローチケで最新公演をチェック!/

>>ローチケTOPへ

\ディズニーオンクラシック公式情報/
>>クラブハーモニーへ

場所は、サントリーホールの大ホール

私たちが鑑賞した公演は、2023年6月の公演で、

場所は国際フォーラムのホールAです♪

座席からの見え方をレビュー

座席は、1階席の前から20列目の席でした!

まあまあよく見える感じですが、すごく近くに見えるというわけでもなかったので、

正直、もう一つ座席のランクをおとして、オペラグラスなど持参して鑑賞してもよかったかな、と思いました。

\座席からステージの見え方/

 

\1つ持っとくと便利♪/

プログラムの感想

第1部は、『ズートピア』オリジナル組曲でポップなスタート♪

会場が暗転し、いよいよコンサートがスタート♪

理系ママ
理系ママ
スタートは、大好きな『ズートピア』のオリジナル組曲からでした✨

ポップな楽曲からのスタートで、テンション上がりました💓

『オーケストラで演奏されるズートピアの楽曲』&『背後のスクリーンに映し出されるジュディとニックの姿』のコラボが最高💓

理系ママ
理系ママ
アドレナリン出まくり(笑)!!!!

続いて『ベイマックス』のオリジナル組曲を、オリジナル映像とともに・・・

続いて演奏されたのは、『ベイマックス』のオリジナル組曲。

『ベイマックス』は大好きな作品。

AIさんが歌うエンディング曲『Story』の、

「1人じゃないから 私がキミを守るから あなたの笑う顔が見たいと想うから」

という歌詞がぴったりな、愛にあふれた温かい映画です。

作品紹介

『ベイマックス』の主人公ヒロは、幼い頃にお父さんとお母さんを亡くしており、お兄さんのタダシとともに、おばさんの家で育てられました。

そして、両親がいないヒロは、作品中で、謎の事故により、大好きなお兄さんまで失ってしまうのです…

本当にかわいそうな境遇のヒロを救うのは、癒し系ロボットのベイマックス、タダシの大学の研究室の仲間のハニー・レモン、ゴー・ゴー、フレッド、ワサビ、そして、ヒロとタダシを我が子のように大切に育ててくれるキャシーおばさん(吹替は菅野美穂さん♪)といった、素敵な仲間たち。

『優しさや温かさ』があふれる作品で、観ると優しい気持ちになります。

第1部後半は、雄大な自然を描いた『バンビ』(1942)と『ファンタジア2000「火の鳥」』(1919)の楽曲

第1部後半は、ディズニー初期の頃の作品『バンビ』や、『ファンタジア2000「火の鳥」』の楽曲が演奏されました。

自分は、どちらの作品も観たことがないので、正直、この辺は集中力が若干かけてしまっていたのですが、

バンビの『4月の雨』という楽曲では、

ヴォーカリストの方たちの表現力がとても豊か&素敵で、かわいらしくリズミカルな楽曲に魅了されてしまいました✨

第二部の前半は、しっとり系の名曲でジーン&うるうる

第二部の前半は、『Bittersweet Selection ~想い』というタイトルのセクションで、

  • そばにいて(映画『魔法にかけられて』より)
  • ホエン・シー・ラヴド・ミー(映画『トイ・ストーリー2』より)
  • ひそかな夢(実写版『美女と野獣』より)

の3曲が演奏されました♪

『そばにいて』は、大好きな映画「魔法にかけられて」の、1番好きなシーンで流れる曲なので、本当に感激しました!最高にロマンチックな曲です✨
\映画作品はこちら/
\作品紹介/

『ホエン・シー・ラヴド・ミー』も、切ない旋律に胸が締め付けられる名曲です。歌詞も切なく、じっくり聴くと涙が溢れてしまいます。

 

大好きな楽曲をフルオーケストラ&生歌で聴くことができ、胸がいっぱいになりました(;_;)

これぞ、ディズニー・オン・クラシックの醍醐味です✨✨

第二部の後半は、映画『ライオン・キング』より、8楽曲を、映画フィルムとともに。

第二部の後半、公演の締めくくりは、映画『ライオン・キング』にフィーチャーしたプログラムでした🦁

『ライオン・キング』のフィルムをバックに、フルオーケストラで、映画の楽曲8曲が披露されました!

披露された楽曲は、こちら✨✨

  1. サークル・オブ・ライフ
  2. 王様になるのが待ちきれない
  3. 準備をしておけ
  4. ヌーの暴走
  5. ムファサの最後
  6. ハクナ・マタタ
  7. 愛を感じて
  8. 時は来た

理系ママ
理系ママ
『王様になるのが待ちきれない』の歌では、女性のヴォーカリストの方が、子どものシンバを担当していました!映画のように、いたずらっぽい表現で歌っていて、とても楽しい演目でした!

『ライオン・キング』のプログラムの中で、一番印象に残った楽曲は、

スカーが、ハイエナたちと歌う『準備をしておけ』です!

 

映画でも、この曲のシーンは、かっこいいサウンドですごく好きなんですが、

この公演でも、✨スカー役のヴォーカリストの方の表現力&歌声が素敵✨で、

本当にかっこいい演目でした!

 

\映画作品はこちら/

 

 

 

 

 

今後のディズニーオンクラシックの予定など
\✨今後のディズニーオンクラシックの情報✨/
◆「ディズニー・オン・クラシック 夢とまほうの贈り物 2024」

 

5/11(土)J:COMホール八王子
5/12(日)ロームシアター京都 メインホール
5/25(土)サンシティ越谷市民ホール 大ホール
6/1(土)東京国際フォーラム ホールA
6/2(日)東京国際フォーラム ホールA
6/7(金)フェスティバルホール(大阪)
6/8(土)岡山芸術創造劇場 ハレノワ 大劇場
6/9(日)THE STEEL HOUSE 北九州ソレイユホール
6/15(土)愛知県芸術劇場 大ホール
6/16(日)アクトシティ浜松 大ホール

◆フィルムandオーケストラ「カールじいさんの空飛ぶ家」

7月4日(木)19:00開演(18:00開場)
7月5日(金)17:00開演(16:00開場)
東京芸術劇場 コンサートホール